>

大学で勉強する

大学に行くメリット

税理士になるために大学への進学を考える人がいますが、大学に行かなくとも税理士になることはできます。
しかし、大学に通うことで、得られるメリットもあります。

まず、税理士試験を受けるための条件のうちの一つに、大学で法律または経済に関係する科目を含めて六十二単位以上取得した三回生以上の学生があります。
この他に、大学や短大、高専を卒業した上で、法律または経済に関係する科目を一科目以上履修した人が条件のうちの一つになります。

大学の法学部や経済学部の場合には、卒上論文の書いて学位を取得することができれば、税理士試験の試験科目のうちの一部を免除することができます。
税法分野の学位を取得した場合には、税法科目の中のどれか一つが合格できれば、残りの二つは免除されます。
会計学分野の学位を取得した場合には、会計科目のうちの一つに合格できれば、残りの一つは免除されます。

大学に行くデメリット

税理士になるために大学で学びたいと思っても、大学の学部は色々あります。
大学への進学が税理士を目指してという人は、法学部に進学すると良いでしょう。
法学部で学べることは、税理士資格を取得した後で、役に立つ勉強になるからです。

大学三回生であれば、六十二単位以上、法律または経済に関係する科目を取得しておけば、一年に一回の税理士試験を受けることができるようになります。
税理士試験の免除される試験科目に合わせて、それ以外の試験科目に向けて勉強すれば、より早く効率よく税理士になることができます。

税理士試験に合格することは、とても難しく、沢山の勉強時間が必要になります。
大学に進学して税理士を目指す場合には、税理士の勉強だけではなく、大学の単位を取得するための勉強もすることになります。


この記事をシェアする