税理士の仕事

税理士試験に合格して、税理士資格を取得する方法以外に、公認会計士や弁護士資格を取得して税理士資格を取得する方法があります。 この他にも、国税官公署で二十三年以上働いた後に、決められた研修を受ける場合には、税理士試験を受ける必要なく、税理士の資格を取得することができます。

おすすめリンク

相続税申告が必要な場合

相続税申告が必要なのはどのような場合でしょうか。複雑な内容をわかりやすくまとめました。

税理士の資格

税理士は、個人または中小企業の税金に関係する事柄について、様々なサポートを行うのが主な仕事になります。
税金関係の法律はとても複雑になりますが、そんな、税金ついてのプロが税理士です。
所得税や法人税、固定資産税など色々ある税金を円滑に納めることができるように、手助けをすることが税理士の役目となります。

多くの税理士は、税理士事務所に勤めていますが、経験を積んだ税理士が自分の事務所を開くことがあります。
また、企業内で税金関係の知識を活かして活躍する税理士などもいます。

税務相談のような相続や贈与、税金算出方法などの税金に関係することの相談に応えたり、税務書類作成という、相続税の申告書や確定申告書などの、色々な税務書類の作成を納税者に代わり作成するのも税理士の仕事の一つです。

この他に、税理士の仕事の内の一つに税務代理というものがあります。
納税者本人に代わって、税金の申告を税務署に申告する業務が、税務代理になります。
他にも税務調査の際に立ち合いを行う業務も税務代理に含まれます。

税金関係のプロフェッショナルに、公認会計士がいます。
公認会計士は、企業の決算書に書いてある数字が、正しく書いているかチェックを行う監査が、代表的な仕事になります。
税理士と同じく会計職になりますが、税理士の仕事相手が個人や中小企業が多く、監査は会社の規模がある程度ある企業が行うものです。
なので、公認会計士の仕事相手は大企業が多くなります。

税理士になる資格を得る

税理士は税理士試験に合格すると同時に、税理士として働くことはできません。 また、税理士資格の取得には複数の方法ありますが、どの方法で税理士資格を取得することができたとしても、税理士として働くには税理士会に登録されないといけません。 税理士会に登録されるには、二年間の実務経験が必要になります。

大学で勉強する

税理士になるために、通わなくてはならない学校、というものはありません。 しかし、税理士になるための試験は難関になるために、多くの試験勉強時間が必要となってきます。 法学部や経済学部では、税理士に関係する役に立つ授業を受講することができます。 また、条件を満たせば、税理士試験の一部を免除してもらえます。